いわてのいいイロとは?

いわてのいいイロとは?

いわてのいいイロ発信プロジェクト

「いわてのいいイロ発信プロジェクト」は、平成26年度復興庁「新しい東北」先導モデル事業(復興庁委託事業)のひとつです。(詳しくは復興庁「新しい東北」HPをご覧ください。)

「新しい東北」の柱のひとつである、「地域資源の発信」という視点から、事業モデルの開発を目指すプロジェクトです。岩手の魅力的な地域資源の中から「いわてのいいイロ」を選定し、それらの【色】と【物語】を、広く県内外に伝えることでこの地域の価値を伝え、次の世代へバトンのように継承していく事を目的としています。
さらには、「岩手発の事業モデル」として、全国・世界へ拡げることができればと考えています。

色の決定方法について —

 今回選ばれた12色の【色】【ネーミング】【物語】は、一般公募によって応募のあった中から、事務局や県内外の業界関係者、関係機関による選考と調整を経て決定いたしました。
また、このプロジェクトは、色のプロフェッショナルである*DICグループの力強い協力を得て行われました。候補食の選定はDICカラーデザインと共に、それぞれのネーミングと物語に相応しい象徴的な色を「DICカラーガイドシリーズ」の色から絞込み、「いわてのいいイロ」として定義しました。

*DICグラフィックス株式会社 / DICカラーデザイン株式会社
化学メーカーDIC株式会社のグループ会社。
DICグラフィックスは印刷インキの製造・販売を行っており、色見本帳「DICカラーガイドシリーズ」は、多くのデザインの現場で活用されている。
DICカラーデザインはカラーコンサルティング、グラフィックデザイン、SPツールの提供などを行うクリエイティブコンサルティング会社。

どのように広めていくか —

 いいイロを広めていく対象は、県内と、外国を含めた県外と考えています。県内に対しては、岩手の持つ地域資源の良さやこの値で生活することの素晴らしさを、県外に対しては、岩手を好きになったり、訪ねてみたくなるような岩手の魅力を、色と物語を通じて伝えていきます。
例えば観光や教育の現場はもちろん、単なる「地域のおみやげ」にとどまらないプロダクトでも活用してもらえるよう、「いわてのいいイロ」を広めていきます。