003 久慈 アンバーイエ...

003 久慈 アンバーイエロー

樹脂の一滴(しずく)が、
悠久の時間(とき)を重ねて化石化した奇跡の色。
太古のロマンにひととき、想いを馳せる。

琥珀とは、樹木の分泌する樹液が地中深くに埋もれた後、数千年という年月を経て化石になったもの。
岩手県北東部に位置する久慈市は、そんな琥珀の世界4大産地です。
特に久慈の琥珀は、約8,500万年~約9,000万年前の中生白亜紀後期に属するもので、
世界的に最も古い時代の琥珀といわれています。
1997年には世界で初めて「鳥類の後羽」を含んだ琥珀が発見されるなど、学術的にも価値ある久慈の琥珀。
太古のロマンに満ちたその奇跡の宝石は、「久慈 アンバーイエロー」の光彩を放ちながら人々を魅了し続けます。

カラー3:久慈 アンバーイエロー

色彩値

DICナンバー: DIC-207
CMYK: C18 M40 Y100 K0
RGB: R197 G148 B17
HTML: #C59411

久慈の琥珀
岩手県久慈は、日本一の琥珀の産地。およそ8,500万年以上前の地層から採掘される久慈の琥珀は、貴重な絶滅種の昆虫が含まれる昆虫化石としても貴重なものです。久慈地方の琥珀の採掘は室町時代に始まり、江戸時代には何部半の特産品に。かつてこの地域では「くんのこ(薫陸香)」と呼ばれ、燃やして蚊いぶり(蚊よけ)に使われていた時代もあったとか。

MAP